仏具に関する豆知識ーお線香ほかー

お線香・ロウソクについて

お線香とは

お線香は材料となる香木を細かくくだいて香料を加え、つなぎで練り合わせてそれを棒状にして乾燥させたものです。歴史は古く、古代インドが発祥の地で香りを楽しむだけではなく、医療目的でも使用されていました。
日本の仏事でお線香をたいてお供えすることは身や空間を清めるための意味もあります。

お線香 薫寿堂
煙の少ない渦巻線香 玉初堂
花の象 短寸
短寸お線香 松栄堂

お線香の原料

線香は、様々な原料の調合によってつくられます。代表的な原料として、香木では(沈香・伽羅・白檀) 植物香料では(桂皮・丁字・大茴香・龍脳)などがあります。

沈香じんこう
ジンチョウゲ科の植物である沈香木が風雨や病気・害虫等によって木部を侵されると、それに対抗しようとして内部に樹脂を分泌・蓄積させます。それを乾燥させて削りとったものが沈香です。
沈香は水に沈むので沈水とも呼ばれています。沈香の産地はインドシナ半島とインドネシア半島で、インドシナ半島産をシャム沈香と言い、甘い香りが特徴です。
インドネシア半島産はタニ沈香と言い苦い香りが特徴です。
伽羅きゃら
沈香の中で品質の良い物を伽羅と呼んでいます。
白檀びゃくだん
ビャクダン科の植物で、爽やかな甘い芳香が特徴です。インドのマイソール地方の白檀が最も品質が高いとされ、老山白檀と呼ばれています。

桂皮けいひクスノキ科の植物でその樹皮から作られています。香辛料として使う場合では、シナモン・ニッキと呼ばれています。生薬としては、体を温める作用、発汗・発散作用、健胃作用などの効果があるそうです。

丁子ちょうじ
フトモモ科の植物で開花前の花蕾を乾燥させたものです。香辛料として使う場合では、グローブとも呼ばれています。生薬に使われるときは丁香(ちょうこう)と呼ばれ、弱い麻酔・鎮痛作用・歯痛止の効果があるそうです。
大茴香だいういきょう
モクレン科の植物でトウシキミの果実を乾燥させたものです。香辛料として使う場合は、スターア二スと呼ばれます。小茴香はセリ科で、大茴香と同じ香りを持っており、茴香(小茴香)として使用され大茴香と区別されています。
龍脳りゅうのう
フタバガキ科の龍脳樹の精油から得る結晶。樟脳と似た香りです。また、香粧料・防虫剤・薫香用の香料などに使われています。
漢方薬として使用の場合は咽喉痛・歯痛・眼疾患などに効果があるそうです。

すぐに使える家庭用のオススメ「お線香」はこちらから。

お線香の贈り物とは

進物線香

法事・法要のお供物として線香を送ります。又、葬儀・通夜に参列する事が出来なかった方は喪中や不幸の知らせが届いた時に香典代わりとして贈られます。

日本香堂 進物用 瑞雲(桐箱短寸5入)
薫寿堂 進物用 飛燕 短寸10入(桐塗箱・紐付)
日本香堂 進物用 淡墨の桜(桐箱サック6入)
ときわ木本舗 進物用 特撰美麗香 筒2本入(桐箱)

進物線香の熨斗の書き方

熨斗の書き方は、宗派によって異なります。

御霊前 故人が亡くなられてから四十九日までは「御霊前」と書きますが、浄土真宗では「御供」「御香資」と書きます。
御仏前 故人が亡くなられてからは、四十九日以降は、「御仏前」と書きますが、浄土真宗では「御供」「御香資」と書きます。
御供 亡くなられた日が分からない場合、寺院・仏壇にお供え物と贈られるときに「御供」と書きます。

慶事線香

結納・結納返しの時に贈られる線香です。熨斗の書き方は、御土産・清香・御香を使用します。
目的に合わせて選べる「贈答用のお線香」オススメはこちらから

浄土真宗・お線香のマナー

お仏壇の前でのお線香の上げかたは宗派によって異なります。
浄土真宗では正式な形として線香立は青磁香炉を使用します。線香は折って火を付けて寝かせます。本数には決まりはありません。

なぜ浄土真宗ではお線香を寝かせるのか?

浄土真宗では線香が無い時代は、常香盤の香炉の灰の部分に凹部を作り、その凹部分に香木を削った荒い粉状の燃香を線状に並べて入れて火を入れ、長時間お香を燃焼する型式が線香を寝かせると云う作法になりました。

ロウソク

日本では、奈良時代に中国から仏教の伝来とともにロウソクは伝わったと考えられています。ロウソクは、宗教にとって大事な道具となっています。

ロウソクの種類

洋ロウソク 一般的によくみられるロウソクです。原料は石油系のパラフィンで芯は糸芯です。
和ろうそく 原料は植物性油脂で芯は和紙になります。光が強く炎の揺らぎがあり、油煙も少なく消えにくいです。
蜜蝋みつろう 原料は、蜜蜂が巣を構成するために分泌する蜜蝋を精製したものです。油煙が少ないです。
朱蝋燭あかろうそく 浄土真宗ではお正月・報恩講・慶事等お祝いの時使用します。
鳥居ローソク 茜2本
カメヤマローソク お供菓子風なローソク
カメヤマローソク 芋焼酎キャンドル
カメヤマローソク 黒缶キャンドル

故人の好物が「ロウソクに?!」豊富な種類に迷います!オススメはこちらから。

念珠・数珠について

念珠・数珠とは

数珠を念仏の回数を数える目的などに使用する宗派は、数珠と呼んでいます。浄土真宗では念仏の回数を問題にしなので念珠とも呼ばれています。
念珠・数珠には、二蓮・一連のものがあります。二蓮ものは、珠の数は百八で、宗派によって形が違います。一連のものは、珠の数はそれぞれで宗派をあまり問いません。仏事において大切な道具です。

念珠・数珠の形

念珠・数珠の形

念珠・数珠の珠の形

丸玉

丸玉

丸の形で一般的に多く見られます。

みかん玉

みかん玉

みかんの形で、丸珠に比べて、輪の大きさに対し珠を大きくすることができ、手になじみやすいです。

念珠・数珠の房の種類

(切房・頭付き房・紐房・梵天房)種類があり、素材も正絹・人絹などあります。

切房

数珠 切り房

頭付き房

数珠 頭付き房

紐房

数珠 紐房

念珠・数珠の珠種類

珠には、石・木・木の実・天然材・人工素材があります。石の珠には、水晶・瑪瑙・翡翠・虎眼石・オニキスなどがあります。
木の珠には柘植・檜正梅・黒檀・紫檀があり木の実には菩提樹や香木の沈香などがあります。天然の珠には、象牙・珊瑚・琥珀などがあります。
使い易い「念珠・お数珠」はこちらから。ブレスレットで毎日身につけるのもOK!

浄土真宗の仏具紹介

戸帳(とちょう)

戸帳とちょう

御本尊の正面丸柱につく仏具で、仏壇の大きさ・デザインによって付かないものもあります。

華鬘(けまん)

華鬘けまん

華鬘は、戸帳に付ける仏具です。元々は生花で造られたリング状の物でしたが、日本では、細工のしやすい金銅製・紐・木製・皮製のものなどで造られるようなったみたいです。※写真は金華鬘

華鋲(けびょう)

華鋲けびょう

華鋲は、樒をお供えします。真宗では、お水・お茶などをお供えしません、樒をお供えすることで香水の役割をします。樒がなければ、似た葉を用いられたらよろしいでしょう。

仏飯器・お鉢(ぶっぱんき・おはち)

仏飯器・お鉢ぶっぱんき・おはち

ご飯をお供えします。仏飯器は御本尊前と御両脇の前に一つずつ置きます。しかし仏壇の大きさによりスペースのない時は、御本尊の前に一つでも構いません。※写真は仏飯器(台付き)

金灯籠(きんどうろう)

金灯籠きんどうろう

金灯籠は、仏壇の天井から吊り下げ、灯明を照らす仏具です。浄土真宗では、火袋が六角形で猫足が特徴です。

瓔珞(ようらく)

瓔珞ようらく

瓔珞は宮殿の屋根の隅から吊り下げ、仏壇を飾る仏具です。

輪灯(りんとう)

輪灯りんとう

輪灯は、仏壇の天井から吊り下げる仏具です。仏壇のサイズによって付かないこともあります。※写真は菊輪灯(西用)

供笥(くげ)

供笥くげ

お餅・落雁・お菓子などお供えする仏具です。浄土真宗では、六角形が特徴です。

高槻(たかつき)

高槻たかつき

果物・お菓子などお供えする仏具です。浄土真宗では、供笥が正式の仏具であり、供笥に乗らない物をお供えする事があります。

打敷(うちしき)

打敷うちしき

仏壇の段・上卓にかける仏具です。普段は使用せず仏事やお祝いの時に使用します。なお四九日までは、銀の打敷きを使用します。

五具足(ごぐそく)

五具足ごぐそく

五具足とは、金香炉・火立(一対)花瓶(一対)です。法要やお祝いの時は、五具足を飾り日常のお参りは三具足にします。仏壇のサイズにより五具足が入らない場合は三具足になります。

三具足(さんぐそく)

三具足さんぐそく

三具足とは、金香炉・火立・花瓶です。

香炉(こうろ)

香炉こうろ

お線香をお供えする仏具です。浄土真宗では、青磁製の土香炉が正式な仏具になります。※写真は青磁土香炉(西用)

過去帳(過去帖)(かこちょう)

過去帳(過去帖)かこちょう

過去帳には亡くなられた方の法名・俗名・命日・享年続柄を記します。浄土真宗では、位牌を飾りません。見台(けんだい)過去帳を置く台

経机(きょうつくえ)

経机きょうつくえ

(経卓)御経本を置く机になります。

御文章(ごぶんしょう)

御文章ごぶんしょう

御文章は、仏壇の前の左に置きます。蓮如上人の書かれたお手紙をまとめたものです。

おりん

おりん

おりんは、お経の節目に鳴らす仏具です。