お仏壇作りのこだわり

広島仏壇と共に

広島仏壇のできるまで

広島仏壇のできるまで

金仏壇製造の一大産地、広島。長年にわたって培われた伝統の技術によって作られる「広島仏壇」の生産工程は、木地、狭間(さま)、宮殿(ぐうでん)、須弥壇(しゅみだん)、錺(かざり)金具、漆塗、金箔押、蒔絵と大きく7つの工程に別れています。各工程では伝統の技を受け継いだ職人たちが、より質の高い仏壇作りのために、その技を発揮しています。

広島仏壇の工程

まず「木地」の処では仏壇の器にあたる部分が作られ、それと平行して「狭間」、「宮殿」、「須弥壇」の各工程で、それぞれの部品が製作されます。「狭間」工程で欄間や宮殿の彫刻部のかざりが彫り込まれ、「宮殿」工程では、寺院物閣の縮小版である宮殿を、実物と同じ技法で組み上げます。「須弥壇」工程では壇周りの部分の彫刻をほどこし須弥壇を組み立てます。また「錺金具」工程では真ちゅうの板を鏨(たがね)で打ち抜き、仏壇の金具全般を作ります。
広島仏壇の工程
各部分が出来上がると、部品の仕上げにあたる「漆塗・金箔押」、「蒔絵」工程に入ります。「漆塗・金箔押」の職人が木製の部品に幾度も下地をほどこして研ぎ、最後に上漆を塗って仕上げます。必要なところには金箔が押されます。蒔絵を描く部分には「蒔絵」専門の職人が漆で絵を描き、その上に金粉を蒔いて仕上げます。

最後は、すべての部品が集められ、ひとつの仏壇として組み立てられ、技の粋を集めた工芸品として完成するのです。

このように、数々の技術を結集して広島仏壇は作られています。多くの用具製造が機械化される中で、広島仏壇は今でもかなりの工程が、優れた技を持った職人の手仕事で支えられているのです。

広島仏壇の歴史

浄土真宗の盛んな広島では、古くから門徒を対象とした仏壇製造が盛んでしたが、当初、その技術はまだ発展途上の段階でした。

しかし、1619年に浅野長晟が紀州から広島に転封された折に漆工職人達が随従し、仏壇の製造に高度な技と新技術が加わりました。更に1716年、僧、敦高が京都、大阪で仏壇仏具の技術を学んで帰ったことで、広島仏壇の技術は確立されたと言われています。

1872(明治5)年、宮島で開催された博覧会で、そして、1877(明治10)年頃には全国の博覧会で広島仏壇が紹介され、県外にも出荷されるようになりました。大きさのかさばる仏壇を運ぶ上で、瀬戸内海海運の便に恵まれた広島は、その立地条件にも恵まれて大正末期には全国一の仏壇生産地になったのです。

しかし、1945(昭和20)年、第二次世界大戦における原子爆弾投下により、広島は壊滅的な打撃を受けました。戦争による被害は相当なものでしたが、戦地から帰還した技術者は日本に残った技術者と協力して広島仏壇の復興に尽力し、広島仏壇の需要は上向いていました。

1978(昭和53)年には、広島仏壇が「伝統的工芸品」に指定されました。長年にわたって培われ、そして優れた技術に対してのみに与えられる「伝統的工芸品」に指定されたことで、広島仏壇は、その深い歴史と高度な技が認められたことになります。また1992(平成4)年の原爆50回忌の折に行われた広島別院の大改修では、広島仏壇の職人達が仏壇作りの技術をいかんなく発揮し、大きく貢献しました。
いつの時代においても、常に良い仏壇を作っていきたいという職人たちの熱意と努力の上に、現在の広島仏壇は成り立っているのです。

伝統的工芸品マーク

伝統的工芸品とは

地域の歴史・風土に育まれ、熟練した技術を誇る職人たちに受け継がれてきた伝統的工芸品。天然の材料を使い、100年以上の昔から変わらぬ技法で作られてきた伝統的工芸品は、その使いやすさ、美しさ、手作り特有のあたたかさで人々に愛されてきました。

現在、陶磁器、織物、木工品など、多岐に渡る分野の工芸品200品目を超える工芸品が、経済産業大臣によって「伝統的工芸品」に指定されています。

伝統的工芸品には、以下の要件が設けられています。

主として日常生活で使われるものである
製造過程の主要部分が手工業的である
100年以上の歴史を持つ伝統的技術、技法により製造されている
伝統的に使用されてきた原材料を使用している
地域産業として成立している
以上の条件を満たしている工芸品だけが、伝統的工芸品として指定されます。

広島仏壇は、1978(昭和53)年、熊野筆に続き、県内で2番目に伝統的工芸品に指定されました。