漆の工芸品【小物・雑貨】

和紙と漆のコラボレーション

和小物について
広島で生れ育った私たちにとって平和の象徴である「折り鶴」は馴染みの深いものです。

子供の時、初めて覚えた折り紙が「折り鶴」という方も多いのではないでしょうか?

海外から原爆ドームに観光に来た外国人は「折り鶴」に興味を持ちます。
また、折り紙は海外でアートとしての認識も高くなっています。

私達は、職人の技術を生かし表現することで、内外にむけて日本の伝統工芸品を発信できると考えます。

伝統工芸の技術を幅広い方に知ってもらうために、親しみのある「折り鶴」や「蝶々」をモチーフにした小物や雑貨をカラーバリエーション豊富に制作しています。

日本の伝統的な和紙と漆のコラボレーションで自然豊かな風合いを、いろどり豊かに表現することに工夫をほどこしています。

広島の伝統工芸と文化の普及に努め、市の特産品として、折り鶴タワーにて展示販売を目指しています。

全行程においてハンドメイドでご提供いたします。
販売開始は5月~8月を予定しております。

小物の制作風景

製作風景 赤の折り鶴
製作風景 緑の折り鶴
製作風景 多色の蝶々